明石で江口寿史展を観て、明石焼き食べてから、マンホールカードをもらった話。

今まで明石市には何度か寄って、明石焼き(玉子焼き)を食べたりしてきましたが、今回は展覧会と明石焼きを食べたついでに、マンホールカードももらってきましたので、それについて紹介したいと思います。

名古屋から車で出発して、まずは明石市立文化博物館に向かいました。
専用駐車場があり、1時間100円でした。

「江口寿史イラストレーション展 彼女」を観た話。

明石市立文化博物館で「江口寿史イラストレーション展 彼女」~世界の誰にも描けない君の絵を描いている~ が開催されています。

明石市立文化博物館のホームページより

清楚でタフ、キュートでたおやか。
現代を生きる女性のリアルな姿を描く――
40年にわたるイラストレーションの仕事から
少女像・女性像だけを集めた、
ありそうでなかったコンピレーション+新作展。

週刊少年ジャンプの『すすめ!!パイレーツ』(77年)で軽快なギャグ漫画家として連載デビュー、続く美少年を主人公に描いた『ストップ!!ひばりくん!』(81年)で大ブレークした江口寿史。その後、ストーリー漫画から次第にイラストレーションの世界に創作を広げ、90年代以降は独壇場というべき、キュートでクールな女性像を描く作家として、現在もそのポジションを独走している。 本展は、〈彼女〉と題し、江口氏が40年追い求めた女性の美を、新作を含む約300点のイラスト作品で紹介する最新の江口寿史ワールド。女性の美しい姿を通じて、その時々の流行や若者の生き方、時代の形が見えてくる。

江口寿史の描くイラストは大好きなんです!!

きっかけは、「ストップ!!ひばりくん!」です。
リアルタイムで読んでいました!!(笑)

ストーリーが面白いのはモチロンですが、江口寿史さんが描く女の子が可愛いのです!!【このひばりくん・・・女の子とは違いますが(汗)】

この展覧会は撮影OKでしたので、写真で江口寿史さんのイラストを紹介しますね。

素敵な作品ばかりで、何周でも観たくなりました!!

江口寿史イラストレーション展 彼女
会期:2019年4月6日~5月19日
会場:明石市立文化博物館 1階特別展示室、2階ギャラリー
住所:兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
電話番号:078-918-5400
開館時間:9:30〜18:30 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:会期中無休
料金:大人 1000円 / 大学・高校生 700円 / 中学生以下無料
ストップ!! ひばりくん! コンプリートエディション 全3巻セット (クーポンで+3%ポイント)

明石の有名店「本家きむらや」で玉子焼(明石焼き)を食べた話。

明石のグルメと言ったら、明石焼きが有名ですね!!
でも本当は明石焼きではなく「玉子焼」という名称が正しいです。

先日姫路城に行った際にも、明石に寄って「ふなまち」さんで玉子焼きを食べました。

ふなまちの玉子焼き

ふなまちさんは地元の人にも愛されているようで、ご近所さんたちがお持ち帰りで何人も来ていました。

玉子焼はふわとろで、20個でもぺろりと食べてしまいました!!

いつの間にか地元以外にも有名になってしまった庶民的なお店というところは、台湾の豆漿(トウジャン)や魯肉飯(ルーローハン)のお店に近い感じですね。

店名:ふなまち
住所:兵庫県明石市材木町5-12
電話番号:078-912-3508
営業時間:10:30~18:00
定休日:金曜、第2第4木曜(※木曜は不定休になる場合あり)
料金:玉子焼 600円(20個)

本家きむらやの玉子焼き

今回は訪問したのが第2木曜日ということで「ふなまち」さんはお休み。
ということで、「本家きむらや」さんに行ってみました!!

ここも5年ほど前に一度訪問したことがあり、その際は行列に並んだ記憶があります。
今回は並んでいない・・・と思ったら、中は満席でした!

少し待ったら席が空きました〜!!

店内には有名人のサインがいっぱい!
レトロなお店で、数名のおばさま達が一生懸命働いていました。

今回は3人で訪問しましたが、全員20個の玉子焼を注文しました。
2人とかで分け合って食べることも全然オッケーのようで、2人で20個を食べているお客さんもいました。
逆に1人で20個×3セット食べているツワモノもいました!!

木の板が赤色でインスタばえがしますね〜(笑)
「ふなまち」さんに比べて「本家きむらや」さんの方が観光客の比率が多めのような気がします。

今回は頂きませんでしたが、おでんも売ってますよ〜!!

下の写真は5年前にお邪魔した際の写真です。

お値段は20個で850円と少し高いですが、ぺろりとこちらも食べちゃいました!!
ごちそうさまでした!!

店名:本家きむらや
住所:兵庫県明石市鍛冶屋町5-23
電話番号:078-911-8320
営業時間:[火・水・木・金] 10:00~17:30頃、[土・日・祝] 9:00~17:30頃
※売り切れ次第閉店
定休日:月曜、1か月に1回火曜不定休
料金:玉子焼 600円(20個)

明石市立天文科学館でマンホールカードを貰った話。

明石市には何度か訪問したことがありましたが、マンホールカードを貰ったことはありませんでした。

でも調べてみたら明石市にもマンホールカードがあるようです。
通常でしたら、マンホールカードは市役所や水道関係の部署がある建物などで配布していますが、明石市ではなぜか天文科学館のみで配布のようです。

明石焼きでお腹も膨れたので、さっそくマンホールカードを貰いに行ってみましょう!!

高台にあって立派な建物でした!!

しかし、入口の貼り紙が・・・・・!?

え!?4月28日から配布開始!?

まだ配っていないんだ〜!!!残念でしたが、せっかく来たので見学することにしました!

中に入ると天文科学館なのにマンホール押し!!(笑)

マンホールのグッズや展示があちこちに!!

変な(?)写真スポットも!!

そして、天文科学館のチケット売り場の横に、入口に貼ってあった同じ紙が・・・。しかしこちらには配布開始年が追加で書き加えてあり、そこには平成30年からと・・・!!

つまり入口の張り紙は1年前のもののようです!!

無事にマンホールカードをゲットしました。

デザインが、日本標準時を表す東経135度の線と、明石市立天文科学館がデザインされています。
この明石市立天文科学館は東経135度の上に建てられているんですね。

館内にも135度の線が書かれていました。

今回は時間がなくて入りませんでしたが、プラネタリウムもありました!!

そして展望台からは瀬戸内海から淡路島などが見渡せます!!

明石に行った際には、マンホールに興味があれば明石市立天文科学館に寄ってみてくださいね。

実際のマンホールの写真も撮ってますのでどうぞ〜!!

配布場所:明石市立天文科学館
住所:兵庫県明石市人丸町2-6
電話番号:078-919-5000
休館日:休館日 月曜日、第2火曜日、年末年始
※月曜日または第2火曜日が国民の祝休日と重なるときは開館し、その翌日が休館となります。
配布日:明石市立天文科学館の開館日
配布時間:9時30分~16時30分
その他:配布は1人1枚のみ(数量限定)