平成時代の山、2019年に登るべき山は平成山(へなりやま)!!

2019年に登るべき山!亥年は「亥谷山」に登ろう!今年の十二支の漢字は「亥」!

上記のブログにも書きましたが、せっかく山に登るのでしたらその時ならではのイベントなどがあると楽しいです。

2019年ならではの山の選び方は!?

元号で選ぶ!・・・平成(平成山)→新元号(新元号の文字が付く山)
標高で選ぶ!・・・2019年(2019m)
干支で選ぶ!・・・亥年(亥あるいは猪の文字が付く山)

のぼるん
2019年ならではの山に登りたいな〜
ハル
今日はそんな今年だけの特別の山を紹介するよ!!

ちなみに私は日本百名山じゃなくて、日本百高山を目指してますよ!!

2019年4月30日(平成最後の日)までに平成山に登ろう!!

平成時代がはじまったときに、ニュースで大きく取り上げられた岐阜の村があります。
それが岐阜県にある平成(へなり)地区です。

住民わずか37人だった旧武儀町の平成(へなり)地区は、元号が平成に変わった途端に「平成フィーバー」に沸いたそうです。

そしてそのその旧武儀町の平成地区には平成山があります。

平成山!!

た読み方は「へなりやま」です。

私の「第1号!」ブログにも簡単に書きましたが、この山に実際に登ってきましたので、これから登ってみたい方の山行になればと思います。

平成時代に登るべき平成山はどこにあるの?

平成山の地図は・・・

東京方面から平成山への行き方

東名高速道路 – 御殿場JCT – 新東名高速道路 – 豊田東JCT – 東海環状・中央道・土岐 方面に向かって進みます。
東海環状自動車道 – 富加関ICで東海環状自動車道を出る。
県道58号線を進んで、道の駅平成を目指します。

大阪方面から平成山への行き方

名神高速道路 – 一宮JCT – 東海北陸道・岐阜・高山 方面に向かって進み、美濃関JCT を 東海環状自動車道・山県・土岐・中央道 方面に向かって進む。
東海環状自動車道 – 富加関ICで東海環状自動車道を出る。
県道58号線を進んで、道の駅平成を目指します。

この平成山の登山口に行くには、まず道の駅平成を目指しましょう!!

道の駅 平成

この道の駅 平成ですが、てっきり「みちのえき へなり」と読むと思っていましたが、「みちのえき へいせい」でした!!
これには衝撃・・笑撃!?

これが証拠!!

平成山の登山口はこの道の駅 平成から車で10分程度です。

道の駅 平成の次に下之保平成自然公園を目指します。
道の駅 平成かこの下之保平成自然公園でトイレは済ましておきましょう。

下之保平成自然公園の手前に「元号橋」があります。
まさしく平成にちなんで作られた橋ですね。

元号橋は平成3年1月8日竣工されたそうです。

ここが下之保平成自然公園

もう少し走りますと・・・この看板があります。

この看板の手前にも数台の車が停められる場所があり、私たちはそこに車を停めました。
でもこの看板の先に登山口がありますが、そこにも2, 3台は停められそうなスペースがありましたよ。

登山口にあった看板。
ここから登山です!!

途中にある分岐の看板。これは平成山に向かいます。

サクッと歩いて30分で「平成山」山頂に到着しました!!


当時の小渕官房長官のマネをして「平成」の文字を!!(笑)

残念ながら平成山の山頂からは眺望は・・・・・ありません!!

なので、先程の「平洞←→平成山」の看板まで戻り「平洞」方面に歩きます。

歩くスピードにもよりますが、20〜30分程度で「平洞」に着きます。
特に看板なのが無いのですが、登山グループが付けたと思われる板はありました。

平洞からは素晴らしい景色が見られました!!

私が行った時には雪を頂いた御嶽山もキレイに見えましたよ。

ここからは先程の分岐の看板経由で元の道を歩いて30分程度で下山です。

手軽な登山でした!!
皆さんも平成時代に機会があれば「平成山」に登ってみましょう!!