2019年に登るべき山!亥年は「亥谷山」に登ろう!今年の十二支の漢字は「亥」!

日本全国にはいくつの山があると思いますか?

のぼるくん
2019年はどの山に登ろうかな??
ハル
こんな山の選び方もあるんだよ〜!!
良かったら参考にしてね!!

日本全国には数え方にもよりますが、17000〜18000ぐらいの山があるそうです。
名前の付いていない山も含めれば、多分20000ぐらいの山があるんじゃないでしょうか?

せっかく登るのであれば、その年ならではの山に登りませんか?
たとえば、開山◯◯年とかはよく見かけますが、年号と同じ標高の山だったり、今回紹介する干支の山を登ってみるのも面白い山の選び方だと思います。

何かをきっかけにして、今まで登る機会のなかった山、今まで知らなかった山、そんな山に目を向けて山登りにチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

2019年にはどの山に登ろう!?

元号で選ぶ!

「平成」から「新しい元号」に変わる年なので、岐阜県にある「平成山(へなりやま)」に4月30日までに登ろうという方も増えています。

標高で選ぶ!

2019mの山は北海道の大雪山の緑岳という山がそうみたいです。ちょっと本州の私がチャレンジするには遠いですが、北海道の方は機会があったら登ってみても面白いんじゃないかと思います。

干支で選ぶ!

干支は十二支といいますが、12の動物が毎年決まっていていますね。

一昨年は酉年=「トリ」にちなんで烏帽子山とか鳩吹山に登ったりしました。
昨年は戌年=「イヌ」にちなんで犬山の山に登りました。

さて、2019年は亥年ですね。
なので今回は今年2019年の干支・・・「亥」の山を紹介したいと思います。

亥年の亥、これは猪=イノシシのことですよね。

ところが日本では「猪」は「イノシシ」ですが、中国語の「猪」あるいは「豬」は「ブタ」の事です。

中国や台湾に行くと、料理名に「猪肉」と書いてあって、びっくりすることがありますが、これはイノシシのジビエ料理ではなくて、単なる豚肉=ポークのことです。

だから中国では「亥年」の干支は「イノシシ」ではなくて「ブタ」なんですよ。
これは中国が変なのではなくて、世界中で日本だけが「イノシシ」なんです。

そう!世界で十二支が伝わっているタイ、ベトナム、モンゴル、インド、アラビアなどの国々では「亥年」の干支は「イノシシ」ではなくて「ブタ」なんです。

どうして日本だけブタじゃなくてイノシシなのか?
調べましたら、磯田道史『江戸の備忘録』(文春文庫)にその答えが!

『江戸の備忘録』の「日本人と動物」という項に、ブタはイノシシを家畜化したものだが日本ではその習慣がなかった、弥生時代に北九州を中心にブタを飼ったことがあるがすぐ廃れた、なぜなら森林が豊かな日本では野生のイノシシがふんだんに獲れたから、やがて仏教が伝来、肉食は嫌われブタは日本から消えた、そこへ干支が伝わりブタはイノシシになった」とあります。

つまり日本にブタがいない時に十二支が伝わったので、「猪」が「ブタ」ではなくて、山野にいる「イノシシ」のことを表す漢字になってしまったんですね。

「亥」の字の山は日本にいくつあるのでしょう!?

日本全国に「猪」の漢字が含まれている山は20以上あるそうです。

例えば岐阜県の「猪臥山(1519m)」、富山県の「猪頭山(1353m)」そして熊本県の「猪ノ子伏(1250m)」などです。

しかし亥年の「亥」の漢字が含まれている山は日本全国に1つしかありませんでした!!

それは三重県尾鷲市の「亥谷山(688m)」です。亥谷山の読み方は「いがたにやま」です。三重県のお隣の愛知県に住んでいる私でも知らない山で、普段はそれほど多くの登山者がいる山では無いそうです。

しかし12年に一度だけ、つまり亥年の年だけはこの山を登る方が多くなるそうです!!

今回、その亥谷山を登ってきましたので紹介したいと思います。

亥谷山に登ろう!!

登山日:2019年1月14日
天気:晴れ
メンバー:「のぼるたべるあそ部」「静岡登山隊」「尾鷲観光物産協会」

名古屋から車で約2時間、三重県尾鷲庁舎で合流して登山口に向かいました。

09:30 亥谷山登山口

道は素晴らしく整備されています。
これは昨年末に尾鷲市の方々が登山道を整備してくれたおかげなんです。
登りやすい道が続きますが、意外と急登ですね。

要所要所にちゃんと登山道を示してくれるリボンや看板が付いていますので、迷うことは無いです。

11:15 亥谷山 山頂到着

登山口を出発して2時間15分で山頂に着きました!!
山頂には他の登山グループの方が何組もいました!

やはり「亥年」ということで多くの皆さん登られているみたいでした。

「亥年」推しの看板ですね!!

山頂には看板が3つもありましたが、左側の2つは昨年末に新しく作られたものだそうです。

亥谷山からはリアス式海岸の賀田湾と熊野灘が一望できて良い雰囲気でした。
メンバーの一人がドローンを持ってきましたので、それで撮影もしてみました!

ここでランチタイム!!

途中のサービスエリアで購入した「めはり寿し」も食べました。
食べてみたら、めはり寿しのご飯は酢飯では無いんですね!

12:30 お腹もいっぱいになって、出発!!

亥谷山山頂からまた登山口に戻るのではなく、もう一つの山の「ヒヨ山」に向かいます。

亥谷山からヒヨ山の間ははしごがあったり、落ち葉が多くてロープを頼りに歩く場所もありましたので、慎重に歩きました。

13:20 ヒヨ山到着!!
可愛らしい看板!!

ここからはあとは下るだけです。

登山では、遭難も怪我も下山時に発生することが多いので、最後の最後まで慎重に下ります。ここでもしっかりした標識やリボンのおかげで迷うことはありませんでした。

14:20 下山!!
お疲れ様でした〜!!

下山したところにはアヒルさんが出迎えてくれましたよ。

有名な山ではないのですが、大満足の山行になりました!!

いかがでしたか?
今回は亥年の「亥」が山の名前に入っている日本唯一の山「亥谷山」に行ってきました。
三重県南部の尾鷲市なので、ちょっと行きにくいかもしれませんが、機会がありましたらぜひチェレンジしてみてください!

「亥」にこだわらなければ、「猪」の字が付いている山は日本全国にありますので、もっと登りやすいと思います。

三省堂日本山名事典によると、「猪」が付く山は39座あるそうです。

宮城/猪倉山 245m
宮城/猪眠山 70m
山形/猪ノ鼻岳 89m
福島/白猪森 714m
茨城/猪ノ鼻峠 420m
栃木/猪子峠 310m
埼玉/猪狩山 822m
神奈川/猪鼻山(金時山)1212m
富山/猪頭山 1353m
岐阜/猪臥山 1519m
山梨/猪ノツブレ 1350m
山梨・静岡/猪乃頭峠 1360m
静岡/猪見塚 560m
三重/白猪山 819m
滋賀/猪背山 553m
滋賀/猪の鼻ヶ岳(宝殿山)508m
滋賀/猪子山 268m
大阪/猪ノ子峠(位の考峠)270m
兵庫/猪ノ倉峠 250m
島根・広島/猪子山 830m
岡山・広島/猪辻山 731m
岡山/猪山 425m
広島/猪谷山 580m
山口/猪ノ熊峠 120m
徳島・香川/猪ノ鼻峠 550m
香川/猪尻山 483m
愛媛/白猪峠 1110m
愛媛/猪の峠 450m
愛媛・高知/猪伏越 1519m
福岡/猪膝峠 60m
福岡/猪ノ倉峠 210m
佐賀/猪熊山 131m
長崎/猪掛峠 140m
長崎/猪見岳 363m
長崎/猪転山 500m
熊本/猪ノ子伏 1250m
熊本/猪ノ岳 943m
大分/猪群(飯牟礼山)458m
宮崎/猪田山 741m
ハル
お近くに「猪」の山はありましたか?
Name
今度の休みは亥年にちなんだ山に登ってこようかな〜

亥谷山には山小屋も無く、近くに売店なども無いので、記念バッチなどはありません。しかし尾鷲市の尾鷲観光物産協会では亥谷山の缶バッチを販売しています。

協同組合 尾鷲観光物産協会
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8:30~17:15
(年末年始は休業)

それも名前を入れて300円です。
私も注文してみましたので、届きましたら報告しますね。

それでは、またではでは〜!!