ローコスト登山のススメ!ハイキングから始める超初心者のための登山用品選び。

このブログでは、超初心者の方が最初にどんなものを揃えた方が良いか説明します。
登山用品メーカーブランドで揃えるべきか、それでも山ブランドで無くても良いかを説明しますね。

のぼる
ハルは登山に行くときは登山用品メーカーの物を持ったり着ていくの?
ハル
登る山にもよるけど、登山用品メーカーのものじゃないものも着ていったり持っていくよ〜
のぼる
そうなんだ!!じゃあ高いものじゃなくても山登りはできるんだね!?
ハル
そうだよ!!やっぱりできる限りお金は使いたくないからね。
大和葛城山(奈良県)

登山用品って高いですよね!?

登山用品店に行ったことがありますか?
色々な登山用品メーカーの品々が売られていますが・・・
登山用品って高いですよね!?

服だったら「1万円以下はほとんど無い」です。
これいいなっ!っていう服の値札を見ると、普通に3万円、4万円だったりします。

皆さんもこれから続けるかどうか分からない服に高いお金を出すのは勇気がいりますよね?

私は普段着るの服や靴でさえ1万円以上のものを買うことがあまり無いので、登山用の服や靴が凄く高いのに最初ビックリした!

皆さんもこれから続けるかどうか分からない服に高いお金を出すのは勇気がいりますよね?

登山用品メーカーってどんなところがあるでしょう!?

登山用品メーカーとは、
モンベル (mont-bell)
ザノースフェイス (THE NORTH FACE)
マムート (Mammut)
パタゴニア (patagonia)
マーモット (MARMOT)
コロンビア (Columbia)
ブラックダイヤモンド (Black Diamond)
ミレー (MILLET)
アークテリクス (ARC’TERYX)
まだまだあります!!

オスプレー(OSPREY)
カリマー(karrimor)
グラナイトギア(GRANITE GEAR)
グレゴリー(GREGORY)
タトンカ(TATONKA)
ドイター(deuter)
マウンテンダックス(mountain dax)
マックパック(macpac)
シリオ(sirio)
スカルパ(SCARPA)
まだまだあります・・・

私もいろんな登山用品店にはよく行きますが、どれも高いです。

登山靴は高いです。
雨具も高いです。
ジャケットも高いです。
Tシャツも高いです。
靴下も高いです。
帽子も高いです・・・(^_^;)

登山用品店ばかり行ってると気がつきにくくなりますが、普通のスポーツ用品店に行くと値段が安い服がいっぱい売ってます。

感覚的に登山用品は、ランニング、テニス、サッカーなどに比べて2~3倍は高いような気がします。

日本最大級の登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘

超初心者でも高い登山グッズが必要なの!?

登山用品に求められるものと他のスポーツに求められるものは多少違います。

   登山 他のスポーツ 
 時間  数時間〜数日 数十分〜数時間 
 場所   市街地 
 荷物 数kg〜10kg以上  なし 
 天候 晴れ、雨、雪   基本的に晴れ
移動距離 数km〜数10km 陸上競技以外は移動なし

上の表を見ていただいても分かりますが、登山の方がハードな状況で行われるスポーツです。

特に何かアクシデントがあった場合、一般的なスポーツであれば中止をすれば良いだけですが、登山の場合は警察等に救助を求める必要があり、対応されるまでに数時間から数日かかる場合もあります。

ということで、登山用品に求められるものは、幅広い天候に対応でき、耐久性などになります。

とはいっても、一般的な登山用品はこれからハイキングをはじめたいなどの超初心者に対してはオーバースペック気味であることも間違いないです。

もちろん予算があれば、登山用品メーカーのニューモデルを選んで間違いないです。

金勝アルプス(滋賀県)

超初心者が選ぶ登山靴

ローコスト登山というタイトルながら、しっかり選ぶ必要があるのは「登山靴」「トレッキングジューズ」「ハイキングシューズ」です。

値段が高いものを選ぶというよりも、登山用品の専門店でしっかりと試し履きをして購入してください。

間違ってもネットで買わないでくださいね。

他のスポーツで靴が合わなくてもスポーツを中止すれば良いだけですが、登山の場合は中止が出来ません!!
足が痛くても、靴擦れができても、帰ってこなくてはいけません。

それも平坦な道ではなく、特に下山ではつま先が靴と当たって非常に痛くなることがあります。

ローコストで登山靴(トレッキングジューズ)を選ぶポイント

見た目(かっこよさ)で選ばない!!

どうしてもカッコいい靴を履いてみたくなりますが、自分の命を守るものですので、見た目だけでは選ばないようにしましょう!!

登山用品専門店で選ぶ!!(スポーツ用品店ではありません)

スポーツ用品店には数千円の安い登山靴風の靴がありますが、やはり性能が違います。
耐久性や防水性、地面とのグリップ力が全く違うので、気をつけてください。

店員さんのアドバイスをしっかり聞く!!

迷わず店員さんに声をかけて「初心者でこれから登山を始めてみたい」と伝えて、アドバイスを受けてみてください。
多分「どんな山を登られるつもりですか?」と聞いてきますので、「最初は高尾山ぐらいから、富士山とか、いつかは八ヶ岳にも行ってみたい」と伝えれば良いかなと思います。
高尾山の替わりに近くの山の名前を伝えても良いですよ。

試し履きをして店内を10分以上歩き回る!!

山に行ったら数時間は履き続けることになります。
登山用品店には靴の状態を確認するために坂道があったりします。そこを歩いてみたり、店内を歩き回ってみましょう。
店員さんに少なくとも3足ぐらいを選んでもらってそれぞれ履き比べてみましょう。

登山靴でローコスト!

もしそのお店で旧モデル(アウトレットモデル)があれば、それを選んでも良いかと思います。

海外モデルはやはり高いです。日本の登山ブランドの「モンベル (mont-bell)」は、他の海外ブランドより低価格(3分の2から半額ぐらい)ですので、もし近くにモンベルショップか取扱店があれば試し履きしてみましょう。

ヤフオク(Yahooオークション)やメルカリで売っている場合もありますのが、靴だけは履いてみないと分かりません。
必ずお店で妥協しないで選びましょう!!

新穂高温泉から鏡平へ(長野県)

ローコストでレインウエア(雨具)を選ぶポイント

上下セパレートのものを!

登山用のレインウエア(雨具)は基本的にセパレート型(上下別)になっています。
ポンチョ型もありますが、セパレート型の方が使いやすいです。
なぜなら登山はできる限り荷物を減らして重量を削減するのがコツになりますが、レインウエアの上着は防寒着やウインドブレーカーの替わりにもできるからです。

ゴアテックス、あるいは防水透湿性素材が使われているものを!

登山用品店で上着を見ると、「撥水性能」が表記されているものがあります。
しかしこれはレインウエアでは無い可能性があります。
「撥水」は服の表面が水を弾く加工がされていることを表しているだけなんです。
必ず防水透湿性素材が使われているレインウエアを選びましょう。
いちばん有名な防水透湿性素材は「ゴアテックス(GORE-TEX)」です。

見た目で選んでも良いです!

色やデザインは自分の好みで選んで良いですよ。
それからお店で派手に見えても、山では意外と普通になってしまいます。
(皆さん結構派手なウエアを着てますからね♪)

レインウエアでローコスト!

靴と同じく旧モデルが安くなっている場合があります。店員さんに聞いてみましょう!
ゴアテックス以外の防水透湿性素材はゴアテックスよりも少し安い場合が多いです。例えばモンベルですとゴアテックスもありますが、モンベル独自のドライテックという素材のレインウエアは安いです。

とはいっても高いのがレインウエアです。
普段でも使えるようなものを選んでも良いかもしれませんね。
ヤフオク(Yahooオークション)やメルカリで売っている場合もありますので、お気に入りのものが見つかったら調べてみるのも良いかもしれません。

メルカリでレインウエアを探してみましょう
剣山(徳島県)

ローコストで登山ウエアを選ぶポイント!

見た目でオッケー!!

私の友人が山登りを始める時に普段着と同じ感覚で選んだのですが、山で着てみたら・・・地味!!
ちょっと派手目の方が良かったりします。
好きなデザインで選んでもほとんど大丈夫です。

上着だけ登山用品メーカーで!?

登山中に目立つのはジャケット(上着)です。
上着だけ有名な登山用品ブランドにしておけば、カッコいいかも!?
他はどんなブランドでもほとんど分かりません!(笑)

下着はドライ・速乾素材で!

登山用品メーカーのものにこだわる必要はありません。
ハイキングや富士山程度でしたら普通のスポーツ用品店で安く売ってるドライ素材の下着で十分です。
正直ユニクロのドライインナーでも問題ないと思います。

ローコストで登山ウエア

登山用品ブランドじゃなくてもスポーツ用品店のオリジナルブランドでも一般メーカーでもほとんど問題ありません。
でもズボンはジーンズはダメですよ。
理由は重いし、雨が降ったら足に張り付いて歩きにくくなり、また乾燥しないという難点がありますので。
ローコストにするには登山用品メーカーにこだわらずに選んでもらえば良いかと思います。
ヤフオク(Yahooオークション)やメルカリで売っている場合もありますので、お気に入りのものが見つかったら調べてみるのも良いかもしれません。

メルカリで登山ウエアを探してみましょう

ローコストでザック(リュック)を選ぶポイント!

木曽駒ヶ岳(長野県)

日帰りでしたら20リットル〜30リットル

メーカーによって同じ容量でも違いがあるので注意しましょう。
日帰り登山で必要なものは、だいたい20リットル〜30リットルのザックで大丈夫だと思います。
デザインで選んでもほとんど大丈夫だと思いますが、登山用品店では背負わせてくれると思いますので、実際に背負って選んでみましょう。
ザックの横にポケットがあって、ペットボトルが入るものが便利だと思います。

山小屋泊登山も考えていたら35リットル〜45リットル

山小屋泊で必要なものは、だいたい35リットル〜45リットルのザックで良いかと思います。
これぐらいのザックでしたら必ず背負って確認してみましょう。
もし選びきれない場合は、迷わず店員さんにアドバイスを貰いましょう。

ローコストでザック(リュック)

これも旧モデルが安く売っている場合がありますので確認してみましょう!
ヤフオク(Yahooオークション)やメルカリで売っている場合もありますので、お気に入りのものが見つかったら調べてみるのも良いかもしれません。

メルカリでザックを探してみましょう

まずは悩むよりは、今持っているものを利用して、ローコストで登山を楽しんでみましょう!!

余ったお金は「食べる」「遊ぶ」で使えば、楽しさも何倍になりますよ〜!

日本最大級の登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘