大須シネマ。名古屋の大須に30年ぶりに映画館が復活!

2019年4月1日に名古屋に映画館がオープン。

もともと大須商店街は映画館の街でした。

名古屋で最初に映画館ができた場所は「大須」だそうです。
全盛期の戦前はこの街に20以上の映画館があり、かなりの賑わいだったようです。

しかし戦争ですべて消失。。。。

戦後に復活した14館の映画館も徐々に姿を消して、最後の一館は「大須名画座」下記の記事によると1988年12月のことのことだったそうです。

消えた映画館の記憶

30年ぶりに大須に映画館が誕生しました!!

作ったのはNPO法人大須シネマ。

映画館の名前も・・・

大須シネマ

クラウドファンディングでも資金を募集していましたが、そのサイトの説明によると・・・・

NPO法人が運営する映画館
私たちは特定非営利活動法人(NPO法人)です。大須で生まれ育った理事長が中心となり大須商店各組合理事や友人、法人設立と運営支援する会社などがボランティアで活動しています(一部有給スタッフが居ます)。地元商店街・企業からの寄付、活動に賛同下さる賛助会員を募り、映画館の健全な運営を目指しています。名古屋大須に

銀幕復活
名古屋初の映画館が生まれた街「大須商店街」。戦前は23の映画館があり戦争で全て焼失。
戦後14館が再建されましたが、テレビの普及等により、映画館は街から姿を消しました。
しかしながら、多くの昭和生まれの人々にとって、映画館は交際の場、交友の場であったはずですし、 映画を通して人生の喜び、泣き、笑いを学ぶことができました。
このような「場」は今の時代であっても決して不要になったわけではないと思います。
こうした「場」で得られた経験を伝承したいという強い思いから映画館を復活させる活動に着手いたしました。

昔は本当に多くの映画館がありましたね。
私が子供の頃にも家から歩いていける距離に映画館があり、小学生の頃は夏休みとかに東宝映画まつりなどの怪獣映画を観に行ってましたよ〜!

大須シネマに行ってみた!!

場所はここです↓

最寄りの地下鉄駅は「上前津駅」あるいは「大須観音駅」です。

大須の万松寺通を歩いていると「大須ベーカリー」があります。

大須ベーカリーを北に向かうと20〜30mぐらいの左側に・・・あります!

おどろおどろしい文字で「大須シネマ」の看板がありました。

でもきっとこの看板はずっと置かれるものじゃないかと。。。

外観はガラス張りでおしゃれです!!
開店のお花もいっぱいありました。

料金はホームページを見てもよく分かりませんでしたが3種類でした。

午前上映作品 ¥1,000

午後上映作品 ¥1,200

ショートフィルム  ¥1,000

さて、中に入ってみましょう!!

レジはiPadを使ってました〜♪(^o^)

入口の右側には世界の山ちゃんのお店がありました。
このお店で買ったものは映画館の中で飲んだり食べたりできるそうです。

奥には待合スペースがありました。
数人ぐらいが座れる程度ですが、テーブルもありましたよ。

劇場はこんな感じで、ミニシアターとはいえしっかりと映画館になっていました。

映画はプロジェクターで上映されていました。

大須シネマの感想

私が観たのは、オープン初日の4月1日(月)の3回目でした。

オープン初日なのに観客が5名だけでしたので、もっと入ってほしいですね。

映画はブルーレイディスクを上映しているようです。上映前に入力情報の画面が出てきて、Blu-ray Discと表示されたのはちょっと興ざめかも。

ブルーレイでも実際に観ていて気になることは無いのですが、途中ディスクがフリーズして、映画が再開したら少しストーリーが飛んでいたような・・・。

音響も全く問題ないですね。

もしブルーレイディスクを再生できるのであれば、好きなディスクを持ち込んで、劇場レンタルができると楽しいかも〜と思いました!!

大須シネマの4月の上映予定

大須シネマのホームページ

ぜひ皆さんもお時間ありましたら、大須の新しい映画館「大須シネマ」にお出かけしてみてください♪