台湾・台南留学日記:出発&到着編

2019年4月23日 5:30am 大阪駅

名古屋から深夜の高速バスに乗り大阪駅に到着しました。

そのまま歩いて関西国際空港行きのリムジンバス乗り場に移動し、チケットを購入しました。
チケットは特に時間指定とかは無く、並んだ順番に乗れるようです。

結構並んでいましたが、次のバスに乗れました。

初めて関空に行くので景色をずーーーっと見てました。
大阪の高速道路は自分でも走ったことがありますが、運転手の場合は景色をちゃんと見てなかったので興味深かったです。

2019年4月23日 7:00am 関西国際空港

ピーチは関西空港の第2ターミナルですね。
大部分の乗客は第1ターミナルで降りていきました。

第2ターミナルはお店とか全然無いのかと思ったら、国内線の方にコンビニやお店が何軒か入っていました。

携帯が充電できるテーブルや時間貸しのパソコンなどもありましたよ。

出発時刻の2時間前から手続きの開始です。
自動チェックイン機は初めてで、携帯に届いているQRコードがなかなか読み取られずに少しあせりましたが、大丈夫でした。

一応QRコードが読み取れなくても予約番号があれば大丈夫だそうです。
一応私はQRコードのプリントアウトも持っていきましたが、基本的にはメールと念の為に予約番号を別に控えておくと良いと思います。

いつものLCCですと飛行機に預ける荷物は無しで、全て機内持ち込みにしますが、今回は預けます!!
だって3ヶ月も行くんですから・・・

60リットルの登山用のザックを預けて、ビレヴァンで買ったトートバッグを飛行機に持ち込みます。

ザックの方は重さを量りましたが、トートバックの方は量ろうとしません。
僕が大丈夫ですか!?って聞いたら見た目で大丈夫と思ったらしいです。
一応中にはバソコンとiPadが入っているので、実は見た目よりもずっと重くて6kgもあります。(Peachの制限は7kgなので大丈夫ですが・・・)

さて、いよいよ搭乗!!
タラップを登って乗り込みました。

セントレアからのジェットスターの場合はマイクロバスに乗せられて、滑走路のはるかかなた(?)の飛行機まで運ばれてから、タラップに乗り込みましたが、関西空港のPeachは歩いてすぐでした。

LCCの座席は窮屈です。
それは分かっています。
正直言って高速バスのほうが何十倍か快適です。
・・・・でも安さには変えられませんね!!
沒問題です〜!!

でも窓から外が見たかったので、座席指定で窓側を取っておきました。
なぜならその方が台湾の景色がより見えるから!!

もし台湾行きの飛行機の座席を予約するのでしたら右側です。

台湾上空になってから窓から見下ろしたら、台北市の松山空港が見えました!!

そして、無事に高雄国際空港に到着しました。

そういえば最初から最後まで一人で海外に行くのは初めてかも!
いつもは友人や家族、仕事の関係の人が一緒でした。
1回だけソビエト連邦に出張で行った時は、モスクワ空港で上司が待っていたことがありましたっけ。

それから飛行機にはボールペンを持っていきましょう!!
飛行機の中で配られる入国カードもスムーズに書けるように、宿泊先などもまとめておくと良いです。

数日間の台湾でしたら、バッグ一つで機内持ち込みだけにした方が絶対に良いです。

たかが台湾に大きなトランクを持って行かなくても大丈夫!!
東京や大阪に行くと同じだと考えましょう!!

荷物を預けなければ回転テーブルで荷物が出てくるのを待っている必要もありません。

中身があまり無いブログですが、良かったらどうぞ・・・↓

2019年4月23日 1:30pm 高雄国際空港


以前ジェットスターで台湾に行った帰りの便の着陸時に耳が痛くなって、調べてみたら「航空性中耳炎」という症状だとわかりました。そのため前回の時は耳栓を持っていったのですが、今回は持ってくるのを忘れていました。

今回の着陸時には、やはりちょっと痛くなってしまいましたが、すぐに治りました。
心配な人はこの耳栓をオススメします!!

誰かに買ってもらって、台湾に持ってきて貰おうかな(^_^;)

さて・・・無事に入国をしてから行うことがいくつかあります!!

1.両替!!

空港である程度買えておくのが一番安心で効率的です。

高雄国際空港は、ロビーにでたら右奥に臺灣銀行があります。

2. iPhone用プリペイドSIMの購入

何人かで行くときはWi-Fiの端末をレンタルして行きますが、今回は日数が長いのでプリペイドSIMを購入します。

様々なブログを参考に見てきましたが、以前は高雄国際空港には3つの携帯ショップがお店を出していたのが、最近は2つになったと書かれていました。

しかし、今回私が探した限りでは・・・1つのショップしかありませんでした!!!

高雄国際空港のホームページより

上記の画像ですと9番のブース「電信」の場所に台湾大哥大( Taiwan Mobile)がありました。
これを今見ると13番のブースに中華電信がありそうですが、見逃したのか・・・?
とりあえず台湾大哥大で問題ないので30日間の使い放題で1000元を選びました。
1ヶ月後にどうするかはまた考えましょ〜!!

とりあえずは指差しだけで伝わりました。

SIMの入れ替えをしただけで設定も無しで終わりでした。
指差しして1分で終わった感じですね〜

もちろん持っていく携帯はSIMフリーで無いとダメです。

私はSIMフリーのiPhoneで普段はLINE Mobileを使っていますよ。
全く問題ないですね。

iPhoneを受け取って見てみたらすぐに電波を受信していました。
メールは次々に入ってきましたがネットに繋がらなかったので、再起動したら問題ありませんでした。

ネット関係のトラブルは再起動で直ることが多いですね〜

3. iPad用プリペイドSIMの入れ替え

今回セルラーモデルのiPadも持っていきました。
どれだけ使うか分かりませんでしたが、iPadのためにプリペイドSIMを日本のアマゾンで買って持ってきました。

これは日本にいる間に簡単な設定をしておくだけで、あとは現地で入れ替えれば良いということでした。

高雄に着いてiPadのSIMを入れ替えてみました・・・・。普通に繋がりました!

このSIMはiPhoneでも利用できますが音声通話はできません。
あくまでもデータ通信だけができるSIMなので、電話を使う予定が無い方には良いと思います。アマゾンの口コミで悪い評価をしている方は、日本で設定をしていかなかっただけですね。

特に夜遅く空港に到着するとか、空港に着いてからバタバタするのが嫌な方、または現地の携帯ショップの人とコミュニケーションを取るのが不安な方は良いと思います。

しかし、(2. iPhone用プリペイドSIMの購入)でも書きましたが、空港の携帯ショップの人とはほとんど会話しなくても良いですよ。

4. デビッドカードで現金が引き出せるか!?

今回の留学のためにデビッドカードを1枚作りました。

デビッドカードとは知っている方も多いとは思いますが(私はよく知りませんでした)、海外からでも銀行口座から直接現金を引き出せるカードです。

もちろん手数料は取られますが、台湾でしたらセブンイレブンなどのATMから現地の通貨で現金が引き出せるということで、作っていきました。

空港のATMでカードを差し込んで。。。できました!!

1000元を引き出すことができました!!

これで高雄国際空港に着いてからやることがすべてクリアです〜!!

2019年4月23日 3:15pm あひる家

本当は空港から高雄で泊まる宿の「あひる家」まで歩く予定でしたが、
・数日前に風邪を引いてしまったこと
・荷物が予定よりも重くなってしまったこと
・想像以上に蒸し暑かったこと。。。
などから素直に地下鉄に乗って宿の最寄りの駅まで移動してチェックインしました!!

場所は地図を見ていけばすぐに分かります。

ビルの5階にありますよ〜

あひる家は日本人が経営しているので、スタッフの方も台湾の方でも日本語でコミュニケーションが可能です。

そしてキレイですね〜

アヒル家のホームページ

ゲストハウスなのでシャワーが共同だとか、ドミトリーの2段ベッドなどだったりしますが、共有スペースも広くて快適です。

私は二泊を予約していきましたが、もう一泊することにしました。

では、また〜!!