台南好學♪ 台湾留学2週間終了! 台湾留学日記:第十九天

你好!ハルです。

台湾に来て19日、中国語の勉強を初めて二週間が経過しました!!

今までの経過です。。。

留学二週間目の内容

一週目は4日間の授業でしたが、二週目はフルに5日間の授業でした。

台湾留学二週目授業内容
5月6日(月)休日の出来事。
第4課の復習
5月7日(火)第3課の復習。第6課
5月8日(水)第6課
5月9日(木)
第7課
5月10日(金)第7課

これで合計9回の授業を受けたことになりますね。

中国語の上達の実感は・・・全く無いです(笑)
そんなに簡単に上達できたら、みんな短期留学でペラペラになります〜♪

1コマの授業の流れ

授業は基本的に朝9時30分から10時40分の70分間の1コマのみ受けています。

たったそれだけの授業時間なの?と思われるかもしれませんが、学校に行く前に予習したり、帰ってきてからカフェで復習したりして、1日平均自習は2〜4時間ぐらいはしています。
それから時々宿題がでるので、それも行っています。

授業の最初は、昨日の出来事を話すので、どこに行ったかとか、場所とか食べたものの名前を確認しておかないといけません。

なので、授業の一番最初の先生の言葉は「昨天你做什麼?(昨日は何をしたの?)」で、だいたい始まります。

その中に出てきた言葉から発展させて色々な中国語の表現を学んでいきます。

上は先生が授業中に私と話しながら書いて、最後に頂いた紙です。

A:先生がお母さんの付き添いで病院に行った関係で、授業時間を変更したことについて

B:私が台南美術館に行ったことについて。
「我兩個都去」=私が、美術館の一号館と二号館の両方に行ったこと。
日治時代 老房子=一号館は日本統治時代の古い建物
西式=二号館は西洋風の建物

C:休館日だったのでもう一回行きたいという言葉からの発展

D:私がお昼ご飯について

E:私の睡眠時間からの発展

というような会話をしながら、先生が用紙に忘れないようにメモしてくれます。

それらの話が終わってから授業が始まるので、毎回とても新鮮なのと、自分の出来事からの中国語の授業なので、興味がより深まるようにしてくれています。

それから先生のiPadからの音声の聞き取りテストは毎日少しずつ行います。

一度に多くは行いませんよ。
70分の授業の中でテンポよく色々な内容を進めていく感じです。

さて、明日の予習をしようかな〜♪