台湾好玩♪ 台湾最東端の「三貂角燈塔」に行ってみた!! 台湾留学日記:第四十六天

你好!!

たまには中国語を使ってみました(笑)

以前、台湾の最西端に行った話を書きました。

次は最南端に行きたいな〜と思っていたのですが、今回台北に行く機会があり、1日予定が空いていたので、最東端に行ってきました〜!!

台湾本島の最東端の「三貂角燈塔」に行ってみた!!

どうして台湾最北端でなくて、最東端に行ったのか!?

う〜〜ん・・・・。

何となくというのと、
最北端より最東端の方が難易度が高そうというのと、
西の次は東でしょ!?

というのが理由かな〜♪(笑)

台湾本島の最東端ってどこ?

Google Mapより

以前行った、台湾本島の最西端は台南市の中心部からそれほど遠くない場所にあったように、台湾本島の最東端は台北に結構近い場所にあります。
そして、最東端には「三貂角燈塔」という灯台があるそうです。

調べてみると、最東端までは電車は無いのですが、最東端の横を通る道を台北駅からバスが走っていることが分かりました。

だったらそのバス停とバスの時刻を確認すれば大丈夫だな〜と簡単に考えていました。

バスは國光客運の「1811」台北駅から羅東行きのバスに乗って、「馬崗」というバス停で降りれば、台湾本島の最東端にある「三貂角燈塔」に歩いていけるようです。

まずは出発するバス停の確認。

台北駅の北側に「1811」番のバス停を見つけました。

方法その1:全てバスで行く方法

・・・・バスの本数が少ない!!

朝の8:50発、10:20発、その次は17:40発で、最終が20:20発の4本のみ。
また帰りのバスは、羅東を出発する時間が、4:20発!?、5:20発、10:20発、16:20発のやはり4本のみです。

台北駅から台湾最東端に近い馬崗というバス停までの所要時間は1時間半から2時間弱程度らしいので、8:50台北駅発のバスに乗ると、10時30分頃には到着することになります。

しかし帰りのバスが羅東を発車するのが16:20なので、馬崗まで来るのに最低1時間かかるとして17時30分頃・・・・、かなりの時間を台湾最東端で過ごす必要があります。

なので、10:20台北駅発のバスに乗り、12時頃に最東端の馬崗に到着、それから5時間以上待ってから、帰りのバスに乗る。

もし行き帰りを全てバスにすると・・・これかな〜と。

方法その2:行きはバス、帰りは徒歩と電車で行く方法

調べていたら、「馬崗」のバス停から8kmぐらい歩くと鉄道駅があることが分かりました。

福隆駅と石城駅です。

だったら、最東端の散策が終わったらどちらかの駅までの約8kmを歩けば、もっと早く台北へ戻ってこられそうです。

8kmぐらいでしたら天候さえ悪くなければ歩けるでしょう。

また、先ほどの台北から最東端の「馬崗」のバス停まで1本で行ける「1811」じゃなくても、他のバスがあれば、駅までは戻れそうです。

だったら、10:20のバスじゃなくても8:50のバスでも良いね!!

・・・という楽観的な予想を元に台北駅に行きました。

ん!?
イスラム系の人たちで台北駅は凄いことになってました。

まるで駅の中がお祭りのようです(^o^)

調べてみたら、イスラム教のラマダン(断食)が終わった最初の日曜日で、台湾で働かれているマレーシアの方などが集まっているようです。

事前情報では、1811番のバスに乗っている人はあまりいないということでしたが・・・
・・・8:50のバスも予約が無いと乗れませんでした!!

バスの運転手さんに教えてもらって、バスのチケット売り場で次の10:20の予約をしました。

方法その3:行きはバスと自転車、帰りは自転車と電車!!

台北駅でバスを待っている間に、台湾最東端のバス停から近い電車駅「福隆駅」について調べていました。

すると「福隆駅」の駅前にはレンタサイクルのお店がいっぱいあると、書かれたブログを見つけました。

であれば8kmの距離を帰りに歩くよりもずっと快適で安心できそうです。

なので、予約したバスの降りるバス停を「馬崗」ではなく、「福隆」のバス停に変更することにしました!!

さあ、バスがやってきました!!

なんと次のバスも乗ってみたら満席で、予約なしの人は乗れなかったようです。

出発〜!!

福隆で自転車をレンタルしました。

10時20分に出発したバスは、12時10分に「福隆」のバス停に到着しました。

乗っていた乗客のほとんどはこのバス停で降りました。

めっちゃ人がいる!!

「福隆駅」は想像していた田舎の駅とは全然違いました。

後で分かりましたが、海岸が近くでレジャーで来る人が多いようです。

あさ、レンタルできる自転車屋さんは・・・・

というか、レンタサイクル屋さんばかりです!!(笑)

どこでも良いので適当に選んだ自転車屋に・・・・

立派なスポーツタイプの自転車は1日200元、普通の自転車は1日100元だそうです。

私は普通のタイプの中から、赤いGIANTの自転車を選びました。
赤は見つけやすいから、GIANTは世界に誇る台湾ブランドなので♪

お金を払って、書類にサインして、パスポートを預けて出発です。

自転車屋さんのお兄さんに日本語の地図と、ペットボトルの水を頂きました。

台湾本島最東端目指して、サイクリング出発!!

これは頂いた地図の中国語版。

私は最東端を往復すれば良いと思っていましたが、自転車屋さんのお兄さんは、ぐるっと一周するコースを教えてくれました。

教えてくれた一周コースはこんな感じです。

最初この地図を見た時は、目的地の台湾の最東端「三貂角燈塔」をまず目指す時計方向(矢印と反対方向)に行こうと思っていましたが、お兄ちゃんがこの反時計回りのコースを教えてくれたということは、こっちの方がオススメかなと・・・即決!!

駅前のレンタル自転車屋さんの多さからも分かりますが、サイクリングを楽しんでいる人たちでいっぱいです。
電動自転車の方も多かったです。
台湾は電動自転車も自転車扱いなんですね。

最東端へのサイクリング、最初のイベント「舊草嶺自行車隧道」

地図によると、走り出してしばらくすると、「舊草嶺自行車隧道」というトンネルがあるようです。

自行車と書かれているからには、自転車専用のトンネルのようです。
距離は2.16kmとありますので、歩いて通過しようとすると30分かかりますね。

トンネルの入口です!!

トンネルをスイスイ走っていたら・・・・

聞こえますか・・・??

最初、音楽を鳴らしながら走ってくる自転車がいるのかと思ったら、トンネル内に音楽が流れてました!!

このおかげで(?)2km以上のトンネルも寂しくなかったです(笑)

石城駅はどこだ〜!?

トンネルを抜けると本当は左に回るのですが、右の方に「石城駅」(石城火車站)があるので、少し寄り道してみました。

ところが途中で道がよく分からない・・・
バナナを見つけたりしながら・・・・

「石城駅」に着きました!

「石城駅」は、最初に到着した「福隆駅」とは違って寂しげ〜♪
無人駅でした。

台湾本島最東端へ!!

途中このような自転車専用道も整備されていましたが、全ての道では無いです。

それから時々無理やり(?)村の中の道を自転車道として指示されてました。

日本だったら「千畳敷」とか「鬼の洗濯岩」とか名付けられそうな海岸が続いていました。

そして・・・・

極東公園!!・・・極東っていうことは、最も東ということでしょう!!

三貂角燈塔まで山を登ろう!!

駐車場に自転車を停めて、矢印方向に向かいます。
白いドームのようなものが見えますが、あれは目指す台湾最東端の「三貂角燈塔」という灯台じゃないですね!!・・形が違います。

さて・・・久しぶりの登山!?意外と大変。

途中に東屋みたいな小屋があったので、小休止。
台北駅で買ってきたお寿司を食べました!!

・・・幸せ〜♪

もうひと頑張り!!

着きました!!

パノラマ写真です。
真ん中の丸いドームみたいなのが、下の駐車場から見えていた建物ですね。

目指す「三貂角燈塔」は一番左奥の方に見える建物です。
目指してみましょう!

観光客が意外に多かったです。

台湾本島最西端とは大きな違いです!!
それに端午節と合わせて三連休の最終日だったからかもしれませんね。

ほとんどの皆さんは自転車と登山ではなくて、灯台がある小山の山頂まで車かバイクで来ていました。

「三貂角燈塔」の前で、記念写真を〜

周りに観光客が多いので、写らないようにするには下からこうやって撮るのが一番でした。

また山を降りて、海岸まで行ってみました。

最東端の証拠の位置情報付きです(笑)

これで目標達成!!!

ついにこれで、台湾本島の最西端と最東端を制覇しました〜!!
そして、また福隆駅まで戻って、自転車を返して、台北駅までの電車に乗って帰ってきましたよ。

今回私は・・・・

「台北駅」-(バス)-「福隆駅」-(自転車)-「三貂角燈塔」-(自転車)-「福隆駅」-(鉄道)-「台北駅」というルートを使いまいしたが、最初の(バス)を(鉄道)に変えたほうが時間的には選択肢が増えるかもしれません。

あとは・・・最北端と最南端ですね!!・・・・留学中に行けるかな?

ではでは〜♪