台湾好玩! 台北から台南へのバスチケットを 自動券売機で購入する方法。 台湾留学日記:第五十六天

台湾のバスは豪華で快適です。

もちろん高鐵=通称台湾の新幹線、にはスピードは敵いませんが、料金が安くて、いくつものバス会社が競い合っているので、バス自体も非常にゆったりしていて快適な装備となっています。

その中でも豪華で快適なバスを運行している「和欣客運」のチケットの購入方法を書きたいと思います。

台北のバスターミナルの和欣客運の自動券売機でチケットを購入する方法。

和欣客運のバスとは?

和欣客運
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和欣客運(ホーシンきゃくうん,わきんきゃくうん)は台湾南部台南市を拠点とするバス会社。国道客運のほか、台中市内で台湾高速鉄道の連絡シャトルバスも運行している。

1999年に観光バス業者の驊慶遊覧公司が設立、その後如皇客運(無免許業者)や尊龍客運(中国語版)などを吸収し、台南地区の大手事業者となった。台南を起点に台北などの首都圏、中部を結ぶ高速バス路線が主力で、西海岸の高速バス路線では大手として他社および鉄道路線と熾烈な競争を続けている。傘下に観光バス部門の和益通運、宅配便の急急送を抱えている。
競合他社と比べるとグレードの高い設備(総統座椅)で高価格帯で存在感を示す。

私が現在滞在している台南から台北に行くには、高鐵(新幹線)、台鐵(従来の鉄道)、高速バスの三択となりますが、いつも私は高速バスを選択しています。

理由は一つ!!

安くて快適!!・・・以上!!(笑)

和欣客運以外にも國光客運や統聯客運も台北と台南間の高速バスを運行していますが、私が乗ったことがある和欣客運を今回は紹介します。

台北から台南への和欣客運の高速バスの料金は!?

和欣客運は他社に無い2列シートは値段も若干高めの設定になっています。

3列シート=480元(時間や曜日により430元)
2列シート=630元(時間や曜日により530元)

 

それに対して新幹線の料金は・・・

指定席=1350元
自由席=1305元

高鐵(新幹線)のメリットは時間です!!
急ぎの旅行者にとっては時間は非常に重要です。

高鐵(新幹線)の場合、台北から台南までは途中駅にもよりますが、1時間40分から2時間前後で到着することが多いです。

しかし、高鐵の台南駅は台南の中心部では無く、離れた場所にあります。

高鐵(新幹線)の台南駅は台南の中心部から離れた場所にあり、電車に乗り換えてさらに20分乗る必要があります。
乗り換えの待ち時間などを含めると台南に到着するまで2時間30分はかかります。

もちろん急ぎの旅でしたら時間をお金で買うことになりますが、高速バスでも台南と台北の間は4時間程度で行くことができますので、その差をどう考えるかですね。

高速バスのメリットは!?

一番は・・・料金の安さ!!

二番目のメリットは・・・24時間運行しているのです!!

夜中でも早朝でも移動できるとなれば、高鐵(新幹線)が運行していない時間にも移動できることになります。

以上のメリットに魅力を感じれば高速バスを選択してみてはいかがでしょう?

高速バスの乗り方

台北駅の北側にバスターミナルがあります。

バスターミナルの看板は「台北轉運站」で探しましょう!!
きっと台北駅に着いたら、この「台北轉運站」の矢印が見つかるはずです。

ビルの1階にチケットの販売窓口がずらっと並んでいます。

今回紹介する「和欣客運」のバスのチケット売り場は左の方にあります。

2019年6月現在、自動券売機は3台設置されています。

この写真を撮ったときも係員のいる窓口は行列ができていましたが、自動券売機の方は空いていました。

もし自動券売機のデメリットがあるとすると、現金のみの支払いというぐらいで、あとは全く不便はありませんでした。

和欣客運の自動券売機で台北から台南までのチケットの買い方

今回は台北から台南のチケットですが、もちろん他の場所へのチケットも同じ方法で購入できます。

窓口ですと直近のチケットを伝えてくると思いますが、自動券売機ですと、自分で好きな時間、好きなシート、を選ぶことができます。

1.当日&台北駅からは一番上の「快速購標(今日・本站上車)」をタッチ

翌日以降でしたら、一般購票をタッチしてください。

 

2.「同意」をタッチ

いっぱい文字(中国語)が書いてありますが、読んでいると残り時間が無くなると思います(笑)

 

3.行き先の方面を選択。台南の場合は「台南區」をタッチ

 

4.降りるバス停をタッチ。「北門総站」が台南駅近くのバス停になります。

 

5.乗る時間帯を選択。1日を3時間毎の8ブロックに分けています。

 

6.希望するバスを選択

出発時間、2列か3列か、を確認しましょう。

 

7.片道か往復を選択。

2列シートの場合は往復で購入すると少し割引になります。

 

8.チケットの枚数を選びます。

子供の場合は半票を選択します。

 

9.希望する座席を選択

 

10.最終チェックして支払い

最後に現金を入れて、チケットを受取れば完了!!

 

 

ビルの4階にバスの乗り場がありますので、必要があればお弁当や飲み物などを買ってから移動しましょう。

MRTと違って飲食は可能です。

発車時間になりますと呼び出しの音声とともに液晶の掲示板でも表示されますので、あとはチケットを渡してバスに乗れば。。。。終了!!(笑)

時間になってよく分からなければ、バス会社の係員にチケットを見せれば大丈夫です。

簡単でしたね!!

3列シートのバスの例

2列シートのバスの例

では、では〜〜 快適なバスの旅を!!