台湾好吃・好喝! 台北に出店!コメダ珈琲店に行ってきました。 台湾留学日記:第五十九天

コメダは知ってますか?
名古屋が誇る(?)コメダ珈琲店です。

今は日本全国に進出して人気の喫茶店です〜!!

台北に出店!コメダ珈琲店に行ってきました。

名古屋のコメダには時々行ってますが、台湾の台北にも進出したということで、さっそく行ってみました!!

名古屋発祥の人気の喫茶店、コメダ珈琲店とは?

ウィキペディアで調べてみました。

コメダ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの抜粋

株式会社コメダは、愛知県名古屋市に本社を置く、喫茶店チェーン・珈琲所コメダ珈琲店などを展開している日本の企業である。コメダという名前は創業者の家業が米屋で、「コメ屋の太郎」にちなむものである。本項では持株会社である株式会社コメダホールディングスについても記述する。

1968年1月に創業者・加藤太郎が名古屋市で「コメダ珈琲店」を開店。元々個人経営していた喫茶店だったが、1970年からフランチャイズ展開するようになり、1975年8月に法人として株式会社コメダ珈琲店を設立。1993年4月にフランチャイズチェーン運営を目的として株式会社コメダを設立した。コメダ珈琲店のフランチャイズ展開を推し進める一方で、さまざまな実験店舗も展開している。2014年11月28日に株式会社コメダを株式移転完全子会社とする単独株式移転により、持株会社である株式会社コメダホールディングス(コメダHD)が設立されている。なお、2016年6月29日にコメダHDが東京証券取引所市場第1部に上場した。
2019年2月末現在、『珈琲所コメダ珈琲店』835店舗と、和風喫茶の『甘味喫茶おかげ庵』9店舗を展開している。更に、新しい業務形態として、オリジナルのコッペパンを販売する『コメダ謹製やわらかシロコッペ』を関東・東海で15店舗、コメダ初のセルフサービス型店舗『コメダスタンド』を東京・池袋に1店舗展開している。

1968年創業ということは、すでに50年以上が経過していますね。

台湾は漢字の国です。

コメダは漢字でなんと書くのでしょうか!?

可美多

「可美多」・・・これで「コメダ」と読むみたいです。

ピンインで書くと「kě měi duō」です。
最初に三声 三声と続きますので、最初の三声は二声に変化します。

台湾のコメダ珈琲店はどこにあるの?

台湾のコメダ珈琲のFacebookによりますと、下記の店舗が現在あるようです。

【客美多咖啡 KOMEDA‘S Coffee】Facebookより抜粋

◆南京建國店
地址:台北市中山區南京東路二段204號
(近捷運南京松江站五號出口)

◆西湖店
地址:台北市內湖區基湖路1之2號1樓
(近捷運西湖站2號出口)

◆八德店
地址:台北市松山區八德路3段30號
(近台視 / 小巨蛋 / 松山區運動中心)

◆敦南信義店(籌備中,敬請期待)

上記の3店舗で展開中で、現在4店舗目の準備中のようです。

1号店となる「客美多咖啡 南京建國店」は2018年2月28日に開店したので、現在はオープンして1年数ヶ月になりますね。

今回は、1号店の「客美多咖啡 南京建國店」に行ってきました。

台湾のコメダ珈琲店 1号店「客美多咖啡 南京建國店」への行き方

住所はこちらです。
南京建國店
地址:台北市中山區南京東路二段204號
(近捷運南京松江站五號出口)

台北の地下鉄:MRTに乗って「南京松江」駅に向かいました。

台北大衆捷運股份有限公司のホームページより

「松江南京」駅はグリーンのライン松江新店線か、レッドのラインの淡水信義線にあります。

台北駅からですと、中山駅で乗り換えになりますが、台北駅から中山駅までは地下街で通じていますので中山駅まで歩いても良いかもですね。

「松江南京」駅の5番出口から出てそのまま約120mで「客美多咖啡 南京建國店」コメダ珈琲店 台湾1号店に着きます。

「松江南京」駅の5番出口

LOUISA COFFEEの手前(右隣)がコメダの台湾1号店の場所になります。

私がお店に到着したのは、オープン直後の朝7時35分でした。
(オープンは7時30分!!)

お店の前には黄色で行列の枠が書かれていました。
混むこともあるのでしょうね。

お店の前にはメニューの写真付きのパネルが置いてありました。
日本では当たり前の風景ですが、台湾では表示があったとしても文字のみだけのことが多いので、このあたりのサービスは日本と同じです。

食品サンプルとかは台湾では珍しいでしょうね。

それでは中に入ってみましょう!!

台湾のコメダ珈琲店 1号店「客美多咖啡 南京建國店」に入ってみました

まだオープンして10分も経過していないので、お客さんは数組がいる程度でした。

内装は、最近の日本のコメダ珈琲店と同じ感じのレンガでした。
実際に薄いレンガが貼り付けてありましたが、日本でもレンガは貼り付けてあったでしょうか?
それともレンガ風の張り紙だったか・・・??
ちょっと記憶がありません。

コメダ珈琲店は名古屋発祥ですが、今のデザインに統一される前からある古いお店は、特にレンガ調とか無いお店も多いです。

台湾のコメダ珈琲店 1号店のメニューは!?

まずは、メニューの内側から・・・・

次は、メニューの表面です・・・

日本のメニューと詳しく照らし合わせていませんが、ほぼ同じようなメニューが並んでいます。

名古屋めしの、みそカツパン(味噌豬排三明治)、小倉トースト(紅豆吐司)もあるのが嬉しいです!!

台湾独自だと思うのは、バナナジュース(香蕉牛奶)やイカドッグ(花枝排潜艇堡)でしょうか?

テーブルの上のPOPメニュー

私は、たっぷりブレンドコーヒー(大杯咖啡 ←中国語が当たり前過ぎでちょっと物足りない翻訳ですね)と無料のCセット(小倉トースト)を注文しました。

たっぷりブレンドコーヒーCセット(小倉トースト)

やってきました〜!!!

味は全く日本と一緒だと思います!!(^o^)

小倉あんもトーストに塗るには充分以上の量がありましたよ。
日本のコメダ珈琲店より多い気がしましたが、これは実際に重さとか比べない限りはっきり言えないですね。

2時間ほどのんびりしていたら、店内もけっこう混み始めていました。

いつの間にか空いている席は無くなっていました。

お会計して外に出てみたら。。。。

なんと、行列ができていました!!!

店内は日本のコメダと同じくゆったりとした雰囲気で、スタッフも落ち着いて接客していましたので、外に行列ができているとは思いませんでした。

台湾のコメダ珈琲店 1号店の感想!

日本の味を楽しむのにも良いかもしれませんが、単純に落ち着いて過ごすことができるのが大きなメリットだと思いました。

値段も極端に高いわけではないのと、モーニングサービスのトーストやセット商品などお得なものもあるので、もっと多くの店舗展開もありそうな気がしました。

台南にもあればきっと通ってしまうと思います(笑)

客美多咖啡 KOMEDA‘S Coffee 南京建國店
住所:台北市南京東路2段204號
営業時間:07:30 – 21:00(オーダーストップ20:30)

ということで、今回のブログはおしまいです〜

では、では〜♪