台南好吃! 魚のすり身の麺?卓家汕頭魚麺でランチ。 台湾留学日記:第六十九天

今日2019年7月3日は朝から台南は大雨が降ったり止んだり・・・・

午前中の中国語の学校が終わった時には雨が上がっていたので、そのままお散歩してブランチに行ってきました!!

魚のすり身の麺?卓家汕頭魚麺でランチ。

私の平日の日課は、朝9時30分から10時40分までの勉強が終わってから、そのまま台南の街を少し散歩。

それからカフェでランチとお茶をしながら勉強の復習をしたり、ネットをしたり、ブログを書いたりしていることが多いのですが、街のごはん屋さんで食事を先にすることも時々あります。

今日はその後者・・・街のごはん屋さんに行ってきました!!

今日行ったお店は、かき氷で有名な冰鄉の右隣にある小さなお店「卓家汕頭魚麺」です。

実はこのお店、3年前に私が日帰りで台南に来た時に食べたことがあるんです。
なので、今日が3年ぶりでした!!

「卓家汕頭魚麺」の場所は?

かき氷の冰鄉の右隣です。

台南駅からは歩いて30分程度です。

私が3年前に来た時は歩きましたし、今でも歩くと思います。
でも夏の季節など暑い時は無理せずバスやタクシーを使ってくださいね。

お店の前から撮った動画です。

動画の最初に写っているのが、オープン前の冰鄉です。

お店の前のカゴにマンゴーがいっぱい入っていますね!!
盗まれないんですね〜(笑)

このあたりは多くの食べ物屋さんが並んでいますので、他にも気になるお店がありましたら、試しに食べてみましょう!!

このお店もそうですが、観光客はあまり来ないと思います。

「卓家汕頭魚麺」のメニューは?

やはりこのお店にわざわざ来るのでしたら「魚麺」は外せないですね。

汁なしの「魚麺(乾)」とスープありの「魚麺(湯)」の2種類があります。
どちらもお値段は一緒で、大が75元、小が45元です。

いくつかの台南グルメをはしごされるのでしたら「小」でも良いですが、ここだけで食事を済まそうとしたら「大」か、別の料理も一緒に頼みましょう。

私は昼前のブランチの時間でしたので、「魚麺(湯)小」と「燙青菜」を注文しました。

[請先付款]と書かれていますので、料金は先払いになります。

今日はお客さんも1人しかいなくて自由にテーブルを選べましたが、土日には並んでいることも見かけるので、先に席を確保しておいた方が良いかもしれません。

ちなみに先日冰鄉のかき氷は裏庭のスペースで食べましたが、実はあのスペースの半分はこの「卓家汕頭魚麺」のテーブルのようです。

この時は、手前のテントが冰鄉、向こう側のテントが「卓家汕頭魚麺」のテーブルでした。

お店の前のテーブルが空いてない時はこちらを利用しましょう。

「卓家汕頭魚麺」の「魚麺(湯)小」と「燙青菜」

出来上がった料理はトレイに乗せてくれるので、自分の席に運びます〜!!

右が「魚麺(湯)小」で、左が「燙青菜」です。

スープの味はさっぱりとしていて、麺は意外とぷりぷりした感じです。
麺というよりもやはりお肉の雰囲気が残っていますね。

台南には本当に多くの名物があって1日、2日では、全部食べることは当然できません。

そしてこの魚麺は台南名物の中ではマイナーかもしれませんが、他には無い料理だと思いますので、機会がありましたら食べてみてください。

店名:卓家汕頭魚麺
住所:台南市中西區民生路一段158號(冰鄉右隣)
営業時間:10:00 – 20:00