台湾好學! iPhoneで中国語のピンイン(拼音)、四声を入力表示させる方法。 台湾留学日記:第七十四天

iPhoneで中国語のピンイン(拼音)、四声を入力表示させる方法。

私は現在台湾で中国語を勉強していますが、勉強の際に中国語の発音=ピンイン(拼音)を声調(四声)をメモなどに入力したい場合があります。

下記のサンプルのような文章をiPhoneで書きたい時、つまり声調(四声)付きの拼音を書く方法について簡単に紹介します。

サンプル

【1】日本語:私はビールが欲しいです。
【2】中国語:我要啤酒
【3】拼音入力:woyaopijiu
【4】拼音+声調(四声):Wǒ yào píjiǔ

iPhoneにキーボードを追加

iPhoneで中国語が入力できるようにキーボードを追加します。

iPhoneの「設定」-「一般」-「キーボード」-「新しいキーボードを追加」-「中国語(繁体字)」の順番で選択。

多くの種類の中国語のキーボードが出てきますので、「手書き」と、「拼音 – QWERTY」を追加します。

私は簡体字も入れてます。

もう拼音を知ってる方は、キーボードを「繁體拼音」に変更すれば、「woyaopijiu」と入力すれば「我要啤酒」と候補が出ます。

漢字が分かっているけど拼音(ピンイン)が分からない場合

もし漢字が分かっているけど拼音が分からなければ、キーボードを「を「繁體手寫」にすると、手書きで漢字が出せます。

声調(四声)付きの拼音を書きたい場合

声調(四声)付きの拼音を書きたい時は、「繁體拼音」にして、母音を長押しにすると、声調記号が表示されるので、正しい声調を選ぶと書くことができます。

正しい声調(四声)を調べたい時

正しい声調(四声)が分からない時は、 「Google 翻訳」アプリを使います。

「Google 翻訳」アプリの中国語の枠に調べたい中国語を入力してから日本語に翻訳させると、元の中国語の方にも声調が付いた拼音も表示されます。

その部分(下記写真では赤枠で囲った部分)を長押ししてコピーして、必要な場所に貼り付ければOKです。

活字の読み方などを調べたい時

もし、手書きも難しい場合は、「Google 翻訳」アプリでカメラ入力もできます。

「Google 翻訳」で「カメラ入力」をタッチ。

カメラを調べたい被写体に向けます。

そして下中央の赤いシャッターボタンを押します。

写真が撮れたら、調べたい文字の部分を指でなぞります。

すると指で選択した部分の漢字が現れ、拼音(ピンイン)も表示されますので、必要に応じて長押ししてコピーができます。

ただし「Google 翻訳」のカメラは基本的に活字しか認識しません。

他にも色々方法があると思いますが、私はこんな感じで中国語を入力しています。

少しでも参考になりましたでしょうか?

ということで、ではでは〜