台湾・台南留学日記:準備編

現在57歳ですが、今回会社を退職し思い切って台湾に留学することにしました!

昨年はじめから独学で中国語を学び始めましたが、ちょっと面白くなってきて・・・・まだ身体が元気なうちにちょっとチャレンジしてみようと思い立ちました。

留学までの日程

台湾での中国語が今回の台湾行きの一番の目的ですが、勉強以外のことも記録していこうと思います。

今回の留学の期間はビザなしで台湾に滞在できる最大の期間の3ヶ月と考えています。
3ヶ月ですと基本的に大学の学期からは外れてしまうため、民間の語学学校で勉強をすることにしました。

2019年3月31日 会社の最終出勤日
2019年4月23日 Peachで関西国際空港から高雄国際空港へ
2019年4月27日 早稲田日本語へ訪問
2019年4月29日 早稲田日本語で中国語の勉強開始
この間は基本的に平日は毎日70分間の中国語の授業
2019年7月19日 Peachで高雄国際空港から関西国際空港へ
2019年7月20日 この日以降未定・・・・・

どこの学校に留学するか?

そして3ヶ月という限られた時間で効果を出すにはグループレッスンではなくマンツーマンレッスンが良いのじゃないかと思いました。

グループレッスンの方が何となく安心できるとか、料金が安いとか魅力的な部分もありますが、やはり効果を一番に考えてみました。

台湾で語学留学された方のブログを拝見して、最終的には台南の語学学校に決めました。

留学先は早稲田日本語という学校に決めました。

ここは本来は台湾の方に日本語を教える学校ですが、逆に日本人に中国語を教えることもしているようです。

早稲田日本語-中国語部のホームページ

早稲田日本語という学校に決めた理由は単純!

実際にそこの学校で1ヶ月学んだ日本人の評価が良かったからです!
たぶんここで中国語の授業を受けた日本人は少ないと思います。
私が中国語の勉強をしている間にも他の日本人に会うかどうかも分からないぐらいだと考えています。(実際は多いかもしれませんが。。。)

値段だけで言えば、他にもっと安い学校もありましたので、最初はそこを考えていました。
でも一生に一度きりの経験になるかもしれないのと、限られた期間で後悔はしたくなかったので、値段中心で考えるのは止めました。

それから他の安い学校は日本人が経営している学校だったので、安心できる部分はあるのですが、逆に甘えてしまう可能性もあるので、台湾人が経営している学校を選びました。

また早稲田日本語がある台南市という場所も魅力的でした。
台南は日本でいうと京都みたいな場所と言われていて、食の都でもあるようです。
また物価も台北に比べるとずっと安いそうです。
(台北でも日本人からすると安く感じますが・・・)

早稲田日本語の授業料は1コマ70分で10コマで6200元です。
1元が約3.7円ですので約23000円になります。
1ヶ月20コマ程度の授業を受ける予定ですので、1ヶ月で46000円ぐらいでしょう。

メールでお問い合わせしたら、こちらに合わせてカリキュラムを決めてくれるそうですし、授業の時間も前日に変更することできて、柔軟な対応をしてくれそうです。

どこに住むか?ホテル?アパート?ゲストハウス?

台南に3ヶ月滞在するとすると、住むとこも重要になります。
台北に比べると普通のビジネスホテルも料金が安いようです。

でも90日になると・・・・。

よく留学ではホームステイということを聞きます。
でも台湾でホームステイを調べてみてもよく分からないし、一般的になどこかの会社を通してお願いするようです。

今回はホームステイは考えませんでした。
というよりも、ホームステイを調べるよりも先に、宿泊先を決めました!!

早稲田日本語の方も、ここをオススメしてくれました。

ゲストハウスのはむ家です!!

はむ家のホームページ

決めた理由は、はむ家の評判が良いということです。
日本人のご主人と台湾人の奥様が経営されているゲストハウスですね。

ホームページも素敵です。

個室で90連泊の割引となり合計で36,000元、一泊あたり約1500円になります。
個室でこの値段だったらよいですね。

台湾へどの航空会社で行く!?

私は名古屋に住んでいますので、今までの台湾旅行はセントレアから出発していました。

前のブログでも書きましたが、セントレアからも高雄への飛行機があります。

しかし今回は関西国際空港からのPeachを利用しました。

なぜセントレアからでは無いのかというと・・・

・セントレアから高雄へは週に2便しか無い
・高雄到着が夜の21時ごろになってしまう

どちらも大きな問題では無いのですが、当初はちょっとしたチャレンジを考えていました!

高雄から勉強先の台南まで歩いてみよう!!

高雄から台南までは約50km。
途中で一泊すれば歩ける距離です。
だから当日元気で、雨じゃなければ、高雄から台南まで歩いてみようと考えていました。

まず高雄に到着して、高雄空港から最初の宿まで歩いて少しでも台南に近づきたいと考えました。

そうすると夜の到着はちょっと厳しい。。。
高雄空港から高雄中心部の宿までも10kmぐらいはあるので、遅い時間に到着ですと暗い道を歩くのは大変そうです。
それから今回はWi-Fiを借りずに現地のSIMを契約しようと思いましたが、21時の到着ですと空港の携帯電話のカウンターが閉まってしまうんです。

それらの問題は関空からのPeachであれば問題解決でした。

関西国際空港から高雄へののPeachは毎日出ていること、到着が昼過ぎであることなどで決定しました!!

またPeachは受託荷物も安くいので、関西空港への交通費を考えてもそんなに金額が高くならないようでした。

持っていく荷物はどうするか!?

今回は3ヶ月間という私にとっては長期間の海外です。
(学生時代に1ヶ月のオーストラリア旅行はあります)

最終的に下記の荷物に決定しました。

 

台湾留学持っていったもの
・60リットルザック
・のぼるたべるあそ部旗
・タコのぬいぐるみ
・靴の予備 1足
・パスポート
・Peach予約プリントアウト
・免許証 中国語翻訳
・証明写真
・スタンプ帳 2冊
・名刺
・名刺入れ
・クレジットカード 2枚
・デビッドカード 1枚
・悠遊カード
・現金
・台湾元
・台湾SIM 1枚
・ペンケース
・ボールペン3本
・シャープペンシル
・消しゴム1個
・USB充電器 2個
・ケーブル(ライトニング)3本
・ケーブル(アップルウォッチ)2本
・ケーブル(MicroUSB)2本
・モバイルバッテリー 3個
・SDカードリーダー 1個
・ミニ三脚
・自撮り棒
・Canonコンパクトデジカメ
・デジカメ充電器
・Osmo Pocket
・USB-Cケーブル
・MacBook Air
・Mac用電源ケーブル
・iPad
・電池式シェーバー
・CDプレーヤー
・着替え半ズボン
・パンツ 2着
・Tシャツ 3着
・靴下3足
・メガネ 3本(サングラス含む)
・バンダナキャップ 1枚
・帽子
・頭痛薬
・風邪薬(総合)
・風邪薬(咳止め)
・正露丸
・ムヒ
・虫除けスプレー
・キャベジン
・コーラック
・ストッパ
・バンドエイド
・ニベアハンドクリーム
・ポケットティッシュ
・ハンカチ
・タオル2本
あらかじめ送ったもの
・ジーンズ 1本
・長ズボン 3本
・靴下 4足
・短パン 2本
・ジャケット1着
・Tシャツ 4着
・パンツ 4着
・長袖シャツ 2着
・水着短パン 1着
・タオル2本

あらかじめかさばる衣類を国際小包で送りました。

送った荷物は約5kgでした。
そのため、持っていく荷物は軽くなるだろう・・・と思っていましたが、大きな間違い!!

結局、ザックに約11kg、トートバックに約6kgの合計17kgの荷物を自分で持っていくことになりました。

この荷物の重さと、実際に高雄に着いて暑さの凄さで、高雄空港から高雄の宿まで、そして高雄から台南までの歩くチャレンジはすぐに中止しました〜!!

実際に関空から高雄へまでの道中の記録は次に書きたいと思います。

では、では〜!!よろしく!!