樹氷も霧氷も無い「綿向山(わたむきやま)1,110m」を登りました。

2019年2月8日、滋賀県日野にある綿向山に行ってきました!

綿向山は今回で2回めの登山です。

前回は約2ヶ月前の2018年11月24日で、綿向山から、そのお隣の竜王山への周回ルートで行ってきました。

今回は綿向山だけのピストン(山頂に行って、同じコースを戻る)山行にしました。

綿向山(わたむきやま)とは!?

私が住んでいる名古屋圏からですと鈴鹿山脈を越えた先の滋賀県日野町にある山です。

綿向山は標高1,110mで、コースも整備されていて普通に登るだけでしたら他の山とそれほど違わないです。

しかし冬の季節は「樹氷」と「霧氷」がキレイな山で知られていて、それを目的で行く人が多いです。

もちろん「樹氷」と「霧氷」は数日間の天候と当日の気温などによって見られたり見られなかったりします。

また早朝は見られていても太陽が出て気温が上がってくると溶けてしまうことも多いようです。

2019年2月7日の天気は?

天気:晴れのち曇り

山頂の予想気温:2度〜7度

ということは、最低気温もマイナスでは無いので、「樹氷」も「霧氷」も期待できないですね。

それに前回雪が降ったのが二週間近く前なので、雪の状態もちょっと心配です。

「綿向山」登山の記録

8:00 御幸橋駐車場手前のお手洗い

8:10 御幸橋駐車場

全然雪が無い!!
ネットで見ていた情報だと、冬の御幸橋駐車場は雪だらけだったんだけど・・・。

8:30 ヒミズ谷出合小屋

ここから表参道コースを登ります。

雪はないけど、キレイな風景。

8:47 一合目

9:00 二合目

9:10 三合目

9:14 あざみ小舎

9:22 四合目

ちょっと雪が出てきましたね〜!!
でもアイゼンなどを着けるほどでも無いです。

9:37 五合目小屋

ここで軽アイゼンとチェンスパイクを着けました。

9:47 五合目

10:00 六合目

10:10 七合目

七合目は「行者コバ」と呼ばれる行者堂があります。

ここから一般の登山道から外れて、冬季専用の登山道に入ります。

ここからは急登で、軽アイゼンなどの滑り止め無しでは登るのが大変だと思います。

10:26 冬道 八合目

10:37 冬道 九合目

山頂近くは雲の中で、ガスってきました!!

10:46 綿向山 山頂到着!!

山頂には別の3人組の登山者がいました!

山頂でご飯を食べようと思ったけど、風もあって寒かったので、途中の山小屋で食べることにして下山。

11:35 五合目小屋

ここでお昼ご飯。

ランチはカップ麺とパン!!

13:50 御幸橋駐車場

無事に下山しました〜!!

樹氷も霧氷もありませんでしたが、気軽に登れる楽しい山でした〜
雪山初心者にもオススメですね。